Goody ヒデのガーデン日記

ガーデニング&Photo

バラの水滴

前回アップしました白絹病については貴重なコメントを頂いてありがとうございました。
 お陰さまで又一つ勉強をさせて頂きましたので、来年の白絹病対策に役立てようと思っています。



さて早朝、バラに雨の水滴や露が付いていると、つい悪い虫が騒いでこんな写真を撮ってしまいます。 邪道と言われても好きな事ですから、良いんです。





  朝日に光るバラ


100930-1.jpg

(サムネイルは全画面表示にして、ご覧下さい)
100930-2.jpg 100930-3.jpg
 
100930-4.jpg




100930-11.jpg

100930-12.jpg 100930-13.jpg



拍手の応援を宜しく
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 19:47:42|
  2. バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス 白絹病の対策

僕は「ヒデのガーデン日記」の「アクセス解析」を活用しています。
この「アクセス解析」の中で「検索キーワード」と言うカテゴリーがありますが、これはyahooや googleなどの検索エンジンで、何を知りたくて僕のブログに訪問されたのかが解ります。


その「知りたい何か」ですが今日のテーマの「白絹病」を検索されてヒットされた方が意外とたくさんおられます。


僕のクレマチスも過去から毎年のように5~10品種が発病して消滅しています 但し、昨年についてはコーラン(発酵剤)の効果があってか、少しは発病を抑えられました。 けれども完全ではありません。

何とかこの白絹病が出ない様に色々と対策をしてきましたが、今年については春から竹酸素(木酸素)を100倍~300倍に薄めてジョロで土壌散布をしてきました。
 
 効果は?
この効果なのか、或いは今年の異常気象が影響してなのか良く解りませんが、発生は一鉢だけでした。

しかも、その発病したクレマチス(紀三井寺)が何と今になって復活してきたのです。
100928-1.jpg

100928-2.jpg

来年は?
農業専門書を見ると、白絹病は酸性土壌に発生し易いので、その対策は石灰などの散布して土壌を中和する。 となっていますので、来年は石灰をバラ蒔いてみようと思っています。



他の対策として、こんな事もしています
 発病してやられた時の為に予備の株を作る と言っても挿し木からですと挿し木を失敗したり、一人前の株になるまでに時間が掛かったりで面倒ですね。 手っ取り早いのは伏枝(取り木)をして発根挿す事です。


皆さんも大事にしている品種があれば、これを参考にして下さい
この品種はジョセフィーヌです。 向かって左の蔓を右のレイズドベッドで発根させました。

 この蔓は5年前後も経過してエンピツ位の太さになっていますので不安でしたが、数か月後に無事発根です。
100928-13.jpg


発根しているのが確認できます
 これで元株がダメになっても予備株があります
100928-14.jpg
(挿し木変わりにされる場合は鉢を使って下さい 挿し木よりも確実で太い蔓でも発根しますよ)


最後はこのジョセフィーヌの満開画像(今年の5月)です
100928-11.jpg

100928-12.jpg



拍手で応援を宜しくね
  1. 2010/09/28(火) 19:31:00|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クリスマスローズの種蒔き

今日はスカッとした秋晴れで気持ちの良い一日でした。

 体を動かすと汗が滲みましたが秋風が気持ち良く、暑さが苦になりません。  そんな中、気になっていたクリスマスローズの種まきをしました。


8年前から毎年種を蒔いていますが、今までは採り蒔きだったので、保存しておいての種蒔きは今回が初めてです。

保存した場所は日陰の花壇に土を少し被せて、種が乾燥しないようにしておきました。
この場所はクレマチスの水やりをするので、乾燥し切る事はありません
100926-0.jpg


青色のメッシュ袋に入れてます …これは流し(キッチン)の水切り袋です
100926-1.jpg


土から掘り出して水洗いをしたところです。
100926-2.jpg


種蒔きに使った土はプランターの土、赤玉土、腐葉土、をおおよそ3分の一づつに混合したものです。
1ポットに5~6粒づつ、30ポット(160粒程度)を蒔き終えました
100926-3.jpg
あらかじめポットに土を入れた時に、元肥を少し入れておくと良い結果が出ますよ。
 …僕はマグファンプを使いました…

後は発芽(来年の1月、2月)まで土を乾燥し過ぎないように管理するだけですね
 寒い地方は霜柱に注意です。
 
たったこれだけの種でも、クリスマスローズは発芽率が良いので160もの植え替えをする事になります。
それを考えると、ぞ~としますがね…
  
また、160の内、30程度はゴールドの自家受粉です。 ゴールドの自家受粉の種は弱くて育たないと言われていますが、さて結果は如何に…ダメ元ですね







今日のバラ、
 早朝のルージュロワイヤルです。
100926-11.jpg

100926-12.jpg




拍手の応援を宜しく

  1. 2010/09/26(日) 19:52:02|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスローズの植え替え

予想通り、昨夜はめっちゃ冷えましたね 
 真冬の気温からすれば、まだまだ序の口ですが今まで暑過ぎただけに身に応えます。


 
さて気温が下がり出すとクリスマスローズの種蒔きや植え替えが待ってますね 僕は面倒くさがりで苗以外の植え替えはイヤなのですが、数年前から気になっていた一鉢だけは植え替える事にしました。

これは2009年3月の様子です。
100924-2.jpg


この鉢は6年前に種を蒔きっぱなし、その当時から一度も植え替えをしていませんので、根がカチンカチンに固まっていると思いながら引き抜きました。
100924-1.jpg
案の定、力で引き抜こうとしてもビクともしないので、鉢の淵をハンマーでたたいて引き抜きました。
そして土を払い落そうとしたのですが、これもビクともしません。 結局、ホースで水道水をたたきつけておおよその土を落としただけで、そのまま地植えしました。





話題が変わりますが、雲南ネムノ木はその後も咲き続けています。
100924-11.jpg

けれどもここ暫く庭が陰って、ネムノキに陽が当らなくなってきたので、これ以上は綺麗に花が咲かないと思います。

 と言う事で、ネムノキについては今年最後のアップです。
100924-12.jpg




拍手の応援を宜しく
  1. 2010/09/25(土) 05:54:09|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クレマチス ニコライ・ルブツォフ

昨夜から大荒れのお天気で、ここに来て気温が急に下がって寒さを覚えるほどになってきました。
昨日は蒸し暑くて寝苦しかったのですが、逆に今夜は布団をガッポリと被って寝られそうです。


雨に濡れたニコライ・ルブツォフです … 舌を噛みそうな名前でですね
 特徴のある花弁をしています
100923-1.jpg






こちらはバラ、ルージュロワイヤルの開き始めです
100923-11.jpg

100923-12.jpg




そしてブライダルベールです。
 5、6年前? に地植えにしたらどんどん増えて、今では雑草化しています。

この花は寒さに弱く冬場に枯れてしまいますが、暖かくなると何時の間にか姿を表します。 そして夏場に一気に伸びて辺り一面、覆い尽くすので困ったものです。
 但し、直射日光には弱いみたいで、そう言う場所では育ちません。(半日陰が適しているかな)
100923-21.jpg

100923-22.jpg

 


応援の拍手を宜しく
  1. 2010/09/23(木) 18:55:21|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ヒデ

Author:ヒデ
 滋賀から日々のガーデニングを写真で紹介します 

 主な花は
  :クレマチス:バラ
  :雪割草  :クリスマスローズ、
そして宿根草です

今日の日付入りカレンダー


08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア